Windows7からWindows10にアップデート

Window7のサポートが2020年1月14日(火)までとなっており、使っていたメインのPCをWindows10にアップデートしました。

アップデート作業にはこちらの動画がとても参考になりました。

Windows7をWindows10にアップグレードする方法

アップデート手順概要

システム要件

マイコンピューター>右クリック>プロパティで、コンピューターの基本的な情報を表示、を確認し、Window7 Service Pack1であること。

同画面で、プロセッサが1GHz、実装メモリ(RAM)が2GB以上(64ビットオペレーティングシステムの場合)または1GB以上(32ビット オペレーティングシステム の場合)がであること。

DirectX診断ツールを起動する。システムタブの、DirectXバージョンがDirectX 9以降であること。ディスプレイタブの、ディスプレイのモードが800x600以上であること。ドライバーモデルがWDDM 1.0以降であること。

バックアップ

すべてのプログラム>メンテナンス>バックアップと復元からシステムイメージの作成。

外付けHDDドライブなどにバックアップを行い、完了したら、続けてシステム修復ディスクを作成する。

アップデート

「medea creation tool」で検索し、MicrosoftのWindows10のダウンロードページから、ツールを今すぐダウンロードボタンをクリック。

ダウンロードしたツールを起動する。

ライセンスに同意、このPCを今すぐアップグレードする、と進むとWindow10のダウンロードが始まります。

適用される通知とライセンス条項に同意すると、更新プログラムのダウンロードが始まります。

お持ちのパソコンの状況により、次の作業が必要です、のアラートが表示されます。

インストールの準備ができました、の画面が表示されたら、インストール開始。
インストールには1~2時間かかりますが、成功すると、Window10の各種設定の画面が表示されます。

ライセンス、費用について

2019年12月の時点では、正規のWindows7であれば、特に費用がかかることなくWindow10へのアップデートを行うことができます

当初は、2016年7月28日に終わった無償アップグレードキャンペーン期間を過ぎたら完全有料化する予定だったそうですが、ライセンス収入よりもWindows 10の普及率を重視すべき、という考えが根底にあるようです。

Windows 10への無償アップグレードキャンペーンはなぜまだ続いているのか?
Microsoftは、2015年のリリースからWindows 7とWindows 8.1を対象にWindows 10への無償アップデートキャンペーンを行っており、既に4年が経過した記事作成時点でも無償アップデートは一部継続しています。本来は1年で終了する予定だったWindows 10の無償アップデートがなぜまだ続いてい...

Realtek Bluetoothの警告が表示された場合

実は、アップデートの途中で次のようなアラートが表示されました。

Realtek Bluetooth
Your PC has a driver or service that isn’t ready for this version of Windows 10. A new version is available. Please go to aka.ms/realtek_bt_1_5 to learn more.

「お使いの PC には、このバージョンの Windows 10 に対応していないドライバーまたはサービスがあります。 最新版を入手できます。」という意味ですが、このアラートに対してはマイクロソフトのサポートに対応方法が掲載されています。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4529832/updating-to-windows-10-version-1903-on-devices-with-some-driver-versio

意味としては、Window10に対応したRealtek Bluetooth 無線用ドライバーをダウンロードし、更新する、ということなのでしょうが、こちらで紹介されている手順を行ってもうまくいきませんでした

新しいドライバーをダウンロードして更新の準備をするまではうまくいきましたが、いざデバイスマネージャーから更新しようとすると、「既に最新のドライバーがインストールされています」と表示され、せっかくダウンロードしたドライバーをインストールすることができなかったのです。何度試しても同じ症状が出てしまいます。

仕方なく、デバイスマネージャーでRealtek Bluetoothを削除してから再試行を行ったところ、インストールができるようになりました。

ただ、何度か試行錯誤をおこなっており何が功を奏したのかは定かではない部分もあります。

存在しない「Realtek Bluetooth」がWindows Updateを妨げた場合の対処法 | 白ロム中古スマホ購入・節約法
2019年11月、最新のWindows Updateが適用できないというトラブルに遭い、マイクロソフト公式の対処法に従ってもアップデート出来ない事態をなん...

こちらのサイトでは、Realtek Bluetooth自体がデバイスマネージャーに表示されず、ネットからレノボPC向けのドライバーをダウンロードしてインストールを行ったらうまくいったという報告がされています。私の場合は、そういったことは行いませんでした。

Realtek Bluetoothの警告表示に関しては、問題としていくつかのパターンがありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました