横浜で営業している個人事業主です。ホームページ制作、システム構築、ページ修正などお気軽にお問い合わせください。

さくらインターネットでデータベースアップグレード機能を使う

MySQL5.5は、2015年12月に提供元からのサポートが終了しており、セキュリティに関する脆弱性が発見されてもサポートを受けられない状況で、さくらインターネットでも、MySQL5.7へのバージョンアップが推奨されています。

さくらインターネットのレンタルサーバーにて運営しているサイトのMySQLバージョンが5.5でしたので、今後のことを考えて5.7にバージョンアップしました。

データベースのアップグーレドは、新コントロールパネル上の操作で行うことができます。

前提条件

以下の条件に該当する場合は、データベースアップグレードが行えなえません。

  • コピー先のMySQL5.7側に、同名のデータベースが存在している。
  • コピー後に、MySQL5.7の総使用量が制限値を超えてしまう。
  • コピー後に、データベース数が規定の利用数を超えてしまう。
    • スタンダード20個、プレミアム50個、ビジネス100個、ビジネスプロ200個
  • 5,000テーブルを超えるデータベースが一つでも存在する

アップグレード手順

新サーバコントロールパネルにログインし、左メニューのWebサイト/データ>データベースの画面を表示します。

データベースアップグレード機能の、アップグレード設定ボタンを押します。

データベースアップグレード画面に、古いバージョンでデータベース情報が表示されますので、内容を確認したらデータベースのアップグレードボタンを押します。

データベースアップグレードの設定画面が表示されるので、内容を確認します。問題がなければ、同意するにチェックをし、アップグレードの日時を設定します。

2時間おきに数日先まで予約の設定ができます。明記はされていませんが、直近3~4時間は予約リストに表示されません。(14時くらいに設定をしてみたところ、一番早い設定可能時刻は当日18時でした)

少なくともそのくらいは準備時間に当てようということでしょうか。

予約するボタンを押して予約を完了すると、状況表示の画面が表示されます。

Webサイト側の変更

新しいデータベースに切り替わったら、Webサイト側ではデータベースの接続先を新しい情報に書き換えます。

新バージョンのデータベースサーバー、ユーザー名、接続先パスワード、データベース名などの情報を更新しましょう。

バージョンアップ完了

バージョンアップ処理の予約時刻に合わせて、Webサイトをメンテナンス画面表示に。

新コントロールパネルを見ると「ただいま、アップグレード処理中です。」の表示がされていました。

今回バージョンアップしたデータベースの使用量は約300MB。

条件によって様々でしょうが、5分も経たないうちにアップグレードが完了しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました