LINE公式アカウントのフリープランでMessaging APIを使ってみる

だいぶ前に取得していた川柳投稿まるせんのLINE@が最近LINE公式アカウントに統合され、これを機会にMessaging APIでも触っておこうと思い試してみました。

LINE公式アカウント管理画面(LINE Official Account Manager)の設定

LINEのAPIを使用するにあたり、まずは公式アカウントを作っておく必要があります。
まるせんのアカウントは@yes2126f、これで管理画面にログインします。

設定→Messaging APIを開くと、このような画面が表示されるので、Messaging APIを利用するボタンを押します。

プロバイダーの作成を求められます。よく分かりませんが、適当な名前で作成します。

ステータスが利用中となり、Channel IDとChannel secretのコードが発行されました。
Webhook URLには、まるせんのサーバーに置くLINE APIとやり取りするためのプログラムのURLを設定しておきます。

Webhookを利用するためには さらに 、応答設定の基本設定で応答モードをBotに、詳細設定でWebhookをオンにしておく必要があります。

LINE開発者管理画面(LINE Developers)の設定

LINE Developersにログインします。川柳投稿まるせんのチャネルはあらかじめ作っておきました。

チャネル
LINEプラットフォームが提供する機能を、プロバイダーが開発するサービスで利用するための通信路。チャネルは、LINE Developersコンソールで作成できます。

LINE Developers ドキュメント

川柳投稿まるせん→Messaging API設定にある各設定項目Webhook設定があります。
ここでもWebhook URLを設定しておき、Webhookの利用をオンにしておきます。

なお、Webhook URLになんらかのプログラムを設置しておけば、検証ボタンを押して接続を検証することもできます。

Messaging APIの動作テスト

まるせんのサーバーからメッセージを送るには、大きく分けて、応答メッセージプッシュメッセージの2種類の送信方法がありますが、フリープランではプッシュメッセージのAPIは利用することができないので、応答メッセージのAPIでテストをします。

要するに、まるせんからユーザーに対してメッセージを送信することはできないが、ユーザーからのメッセージに対する返信という形なら可能ということです。

プログラムはこちらのサイトを参考にしました。

LINE Messaging API でできることまとめ【送信編】 - Qiita
この記事は(日目の記事です。 # はじめに 今回はLINE Messaging API...

$accessTokenには、LINE DevelopersのMessaging API設定に記載されている、チャネルアクセストークンをセットしておきます。

まずはサンプルコードの通り、なんらかのメッセージを受けたときに固定メッセージ「こんにちわ。テキスト応答ですよ。」を返信するという処理を実装します。

サンプルの通り、問題なく固定のメッセージを返信することができました。
次は、ユーザーのメッセージを受け取り、そのメッセージを返信に付け足すという処理を加えてみました。

LINE Developersのドキュメントに、メッセージ仕様が公開されています。

上記の”Hello, world!”のところがメッセージ文で、サンプルコードでいうと、$event[‘message’][‘text’]という配列でメッセージを取得することができるので、応答メッセージにこれを付け足してみます。

メッセージを受け取り、その文字を返信メッセージとして使うことができました。

今後の予定

ユーザーからのメッセージをまるせんのサーバーで受け取れることが確認できたので、受け取ったメッセージに関連した川柳を返信する機能を追加してみたいと思います。
検索にヒットした川柳のうち、いくつかを選んで返信するイメージです。

また、「今日の一句」や「ナイス川柳」などのワードに対しては、それに該当する川柳を返信する、というような機能も面白いかもしれません。

ある程度の段階でサイトでも告知させていただきますので、もうしばらくお待ちください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました