蘭豆(らんず) 昔から変わらぬ佇まい。いつまでも残って欲しいロードサイドの喫茶店

蘭豆 富士市
蘭豆 富士市

お盆で帰省のおり、富士市の石坂にある昔ながらの喫茶店蘭豆(らんず)に行ってきました。

混んでいるであろうランチタイムを外して、軽くコーヒータイムのつもりで寄ったのですが、駐車場には車もいっぱい、店内もなかなかの混雑という人気ぶりでした。

蘭豆の基本情報

蘭豆(らんず)
住所 静岡県富士市石坂438−5
営業時間 8:00〜23:00
電話 0263-21-2262
定休日 なし
駐車場 34台
Webサイト http://shizuoka.j47.jp/ranzu/

店内の様子、メニュー

蘭豆

店内のようす、注文したメニューの動画です。

21テーブルもあり、場所によっては区切りも設けられた広々とした店内。
天井も高くて開放感があります。
案内された場所は、中二階のようになった店内が見渡せる場所でした。

モカソフト

モカソフト
ハート型の容器に入れられたコーヒーをかけながら、カップに入ったソフトクリームをいただきます。ソフトクリームの甘い豊かな香りと、コーヒーが溶け合って非常に美味!

カフェラテ

カフェラテ
コーヒーの上にクリームがたっぷり乗ったカフェラテ。
それにしても、このむらさき色のテーブルの色合いが雰囲気あっていいですね。

感想

蘭豆(らんず)

いかにも地方のロードサイドっぽい、雰囲気のある佇まい。広い屋根一面に敷き詰められたオレンジ色の瓦は壮観です。

ネットの情報では、少なくとも40年近くはこの場所で営業しているよう。
どちらかというと年齢層高めの客層が多いように見受けられましたが、きっと若者で賑わっていた時代もあったのでしょう。

地元の富士市でもスタバやタリーズなど、新しくて洒落たお店がどんどんオープンしていますが、こういった昔ながらの喫茶店でもたまにコーヒーを飲みたくなるもの。

これからも長く続いてほしいお店、蘭豆
近くへお越しの際には是非お立ち寄りください。おすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました