麺処田ぶし 横浜店 鰹の強烈な旨みと風味豊かな自家製麺のハーモニー

麺処 田ぶし 横浜店 反町
麺処 田ぶし 横浜店 反町

反町駅からあるいて3分ほど、反町ラーメンストリートにある麺処田ぶしに行ってきました。

本店は、高円寺。
横浜店は2007年12月にオープンで、田ぶしとして3店舗目の出店となったお店です。

麺処田ぶしの基本情報

麺処田ぶし 横浜店
住所 神奈川区反町1丁目5−12
営業時間 11:30~15:00、18:00~22:00(土日 11:30~22:00)
電話 045-314-8588
定休日 木曜日
公式Webサイト http://www.tabushi.com/

店内

田ぶしの店舗は、カウンター9席 テーブル10席と、反町ラーメンストリートなかでは比較的席数のあるお店。

注文は、入り口を入ってすぐの券売機でおこないます。

店内は清潔に保たれており、非常に快適。カウンターも清潔でピカピカです。

麺処田ぶし 横浜店 カウンター席

反町ラーメンストリートのラーメン店は、競争が激しいためか、細かいところも手を抜かないハイレベルなお店が多いのが特徴です。

本家 田ぶし つけ麺 800円

本家 田ぶし つけ麺

夏はやっぱりつけ麺。オプションの味玉(100円)は外せません。
中太の自家製麺は、冷たくキリッとしまっておりシコシコの食感です。
胡椒が効いた、とってもやわらかい穂先メンマも絶品。

田ぶしの一番の特徴は、なんといってもスープです。
しっかりしたとんこつスープをベースにしつつ、秘伝の鰹香味油が強烈な魚の香りをかもし出します。

この香ばしいスープに麺を半分ほど浸して啜ると、まず濃厚な鰹の香りが口全体に広がります。
そして、噛んでいるうちに麺の小麦の香りが現れてきます。のど越しはあくまでも爽やか。
強烈から、爽やかへ。なんどでも繰り返したくなるループです。

スープ割り

スープ割りのスープは、白濁したとんこつスープ。
蕎麦湯をたしなむように、つけ麺のスープをいただくことができます。

感想

反町に来たばかりのころ、最初に入ったラーメン屋が田ぶしでした。

実家のある富士市にも支店があり、てっきり全国的に展開しているラーメン店だと思っていたら、関東では、本店の高円寺、横浜店(反町)、湘南台店のみ。あとは、静岡県で富士店を含む6店舗の出店。他県にはなく、もしかしたら、何かしら静岡にゆかりのある方が経営されているのかもと思ったりして、勝手に親近感を覚えてしまうのでした。

こちらの田ぶし、つけ麺のみならず、鰹香味油を効かせた田ぶしラーメン、とんこつをベースとした醤油とんこつラーメンなども絶品です。

競争の激しい反町ラーメンストリートで12年も営業を続けている麺処田ぶし、オススメです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました