横浜で営業している個人事業主です。ホームページ制作、システム構築、ページ修正などお気軽にお問い合わせください。

ムームードメインからさくらインターネットへのドメイン移管はどのくらい時間が掛かるか

運営している川柳投稿まるせんは、ながらく、ドメインはムームードメイン、サーバーはさくらインターネットという状態でした。

その状態でも大きな問題はなかったのですが、Googleサーチコンソールでドメインの所有権を確認するためのドメインプロパティの設定で、さくらインターネット側でゾーン編集ができないということがわかり、ムームードメインからさくらインターネットへドメインを移管することにしました。

さくらインターネット ドメインメニュー

さくらインターネットでお預かりしているドメインの場合は、ゾーンの変更機能が利用できます。
その他のドメインの場合にはゾーンの編集はできません

ドメイン移管手順

移管手順について、各社の手順説明へのリンクをまとめます。

ムームードメイン側

ドメインを他社へ移管したい。(『.jp』以外)

Security check

移管作業に掛かった時間

実際に移管申請をしてみた流れを時系列で記載しておきます。

時刻内容
14:50さくらインターネットで移管申請(オンラインサインアップから申し込み完了まで 約5分)
15:03[JPRS] レジストラトランスファー承認手続きのご案内 JPRSからメール受信
メールに記載されたURLから承認手続き ※図1
15:06[JPRS] MARUSENRYU.COM レジストラトランスファー承認手続き完了のご連絡 JPRSからメール受信
15:10さくらドメイン転入作業開始のご連絡 さくらインターネットからメール受信
15:27【重要】トランスファー申請に関する確認のご連絡 ムームードメインからメール受信
メールに記載されたURLから承認手続き ※図2
15:42トランスファー申請承認のご連絡 ムームードメインからメール受信
16:00ドメイン転入作業完了のご連絡 さくらインターネットからメール受信

一番最初のさくらインターネットで移管申請において、さくらインターネットに支払うドメイン移管手数料(1,886円)はクレジットカードで決済処理しました。

振り込み等だと、その分確認に時間が掛かことになるかと思います。

JPRSのレジストラトランスファー確認画面

図1-1 レジストラトランスファー確認
図1-2 承認完了

ムームードメイン 他社へのドメイン移管 承認フォーム画面

図2-1 他社へのドメイン移管 承認フォーム
図2-2 確認画面
図2-3 完了画面

さくらインターネットのドメインメニューでゾーン編集

このように、場合によっては数日かかるケースもあるというドメイン移管の作業が1時間強程度で終了しました。

当初の目的であったさくらインターネットのドメインメニューからのゾーン編集も、すぐに編集できる状態に。さっそくTXTレコードを設定し、Googleサーチコンソールのプロパティ承認も無事おこなうことができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました