週刊ナイス川柳、七七 2020年1月12日(日)~1月18日(土)

週刊ナイス川柳
週刊ナイス川柳、七七

同内容のコンテンツをnoteでも配信しています。フォロー、スキ、なども大歓迎!

まとめて今日の一句

今日の一句に選ばれた川柳と七七をまとめてご紹介します。

川柳

天怒る 人災だろう 温暖化 お題「天災」(半か者さん)

久しぶり! あら!(…検索中…検索中…) お題「検索」(星空・° 優っぴさん)

日記ではもう下の名で呼ぶ彼女 お題「ダイアリー」(teraryuさん)

妹は「かわいい」 わたし「健康的」 お題「嫉妬」(かえるやぎさん)

宝くじ当たったとたん消える朝 お題「やっぱり」(星空・° 優っぴさん)

ゲームでは運動神経良いわが子 お題「活発」(いろはさん)

教室の人気独占するギプス お題「嫉妬」(うぐいすの止まり木)

七七

空のカップとカフェで二時間 お題「やましい」(星空・° 優っぴ)

箱入り娘 梱包が雑 お題「箱」(teraryu)

暮らしカツカツ 逃げる婚活 お題「ラップ」(一徳)

もっと(都合の)いい人探す お題「煩悩」(こんぼま)

間接キスを狙う一口 お題「煩悩」(うぐいすの止まり木)

見合い相手にほしい口コミ お題「検索」(うぐいすの止まり木)

俺が出そうと思っていた句 お題「嫉妬」(こんぼま)

週間MVS&MVN

今日の一句のなかから、運営がもっとも印象に残った一句、週間MVS(川柳)と、週間MVN(七七)を発表します。

教室の人気独占するギプス お題「嫉妬」

うぐいすの止まり木さんの句を週間MVSに!

男子はギプスへ落書きしに集まってくるし、女子はいつもよりちょっと優しかったり。
何よりギプスと松葉杖で教室に登場したときのなんともいえない特別感といったら! 

箱入り娘 梱包が雑 お題「箱」

teraryuさんの句を週間MVNに!

門限も躾も厳しくすればいいってもんじゃないご時世。外で遊び回ってないからと安心していても、自分の部屋ではスマホでどんな火遊びをしているか分かったもんじゃありません。

ピッ句アップ

今日の一句には選ばれなかったけれど、運営注目の川柳、七七をご紹介。

アフタースキー 会話が滑る お題「スキー」(一徳)

滑るだけならまだしも、転んで怪我しないよう注意。

元カレの「その後」検索する孤独 お題「検索」(みーのーるさん)

いいことないとは分かっていても……

大変だ! 全ての車が 逆走だ! お題「運転」(のーさん)

だれかこの人に教えてあげて!

アッシーの彼に振られて教習所 お題「運転」(照ちゃん)

教習所で運転と男子の操縦方法をお勉強。

子から買う保育士のネタ、菓子ひとつ お題「密売」(かえるやぎさん)

そのうち報酬を釣り上げられそう。

暖冬の便りに震える雪祭り お題「震源」(すっぽんさん)

あったかいのに震える関係者一同。

横綱大関バーゲンセール お題「初売り」(すっぽんさん)

オレも買いたかったのにすぐ売り切れた!(休場)

運営より

何度も触れるようで恐縮ですが、先週1月13日(月)にフジテレビ系列の全国放送「石橋貴明のたいむとんねる」で、まるせんの川柳がサイト名とともに取り上げられました。

あのような形で川柳をいくつかとサイト名が紹介されたとき、果たしてサイトへのアクセスはどのようになるのか。たまには、まるせんのアクセス状況などご紹介したいと思います。

1/12~1/18の時間別ユーザー数

この図は、先週一週間の時間ごとの訪問ユーザー数のグラフ。いつもは徐々にアクセスが落ち着きはじめる時間帯で、番組が放送された13日(月)の23時すぎだけは1時間に100人以上の人がサイトに訪れています。

思ったより少なかったな、というのが正直な感想なのですが、そう思ったのには理由があります。

実はちょうどよい比較対象として、番組放送の前週に、アクセスが非常に集まった日がありました。

1/5~1/11の時間別ユーザー数

アクセスが多すぎて縦軸の縮尺がおかしくなっていますが、グラフとしては上のグラフのちょうど一週前、1/5~1/11のものです。7日(火)の19時~21時にかけては、なんと1時間に約800人のアクセス。

この日に放送されていたのはフジテレビ「今夜はナゾトレ川柳四天王2020!新春2時間SP」。番組は見ていないのですが、川柳の一部を穴埋め問題にしたクイズが出題されたようで、そうすると、視聴者の方も答えが気になり、ネットに答えを求めて検索します。

その場合の検索ワードは、おそらく川柳の一部であったり「○○○○ 川柳」という組み合わせのキーワードであったりすると思います。
そして、この検索の上位にヒットするのがこれまで様々なお題の川柳が蓄積されたまるせん
故に、アクセス急上昇の現象が見られたのだと思います。

この日以降、ゲストによる川柳投稿、新規の会員さんの数があきらかに増えました。

これは、ある意味でサイト立ち上げ当初からの狙いであり、普段の運営でも心がけていること。

〇〇についての川柳を投稿するサイト→○○川柳→まるまる川柳→まるせん。
まるせんにサイト名を変更したのは2016年、それまでは立ち上げからずっと「○○川柳」というサイト名でした(運営はほぼ放置状態でしたが)。

番組内容や放送時間、視聴者層なども違うので一概にはいえないと思いますが、番組でサイト名そのものが表示されることよりも、どんな川柳があるのかを検索するきっかけで、結果的にまるせんを知ってもらえる数のほうが今は圧倒的に多いようです。

ちなみに、11日(土)の14時のピークは約250人
同じようにテレビやラジオの川柳企画からのユーザーさんだと思いますが、こちらはどの地域でどういった番組が放送されたのか分かっておりません。
ちょっと時間がたってしまいましたが、もしご存じの方がいらしたら教えてください。


というわけで、興味を持たれる方がいるかどうかはさておいて、まるせんのアクセス状況をお伝えいたしました。
これからもたくさんの川柳が集まり、たくさんの人に見てもらえるサイトを目指して運営していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました