映画「新聞記者」の感想

映画「新聞記者」 映画
映画「新聞記者」 感想
『新聞記者』予告篇

あらすじ

公式サイトに掲載されているストーリーより一部抜粋させていただきます。

東都新聞記者・吉岡(シム・ウン ギョン)のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届いた。日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、ある思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は、真相を究明すべく調査をはじめる。

https://shimbunkisha.jp/

安部政権下で起きた森友学園、加計学園の問題がモチーフになっています。

一方、内閣情報調査室官僚・杉原(松坂桃李)は葛藤していた。
 「国民に尽くす」という信念とは裏腹に、与えられた任務は現政権に不都合なニュースのコントロール。愛する妻の出産が迫ったある日彼は、久々に尊敬する昔の上司・神崎と再会するのだが、その数日後、神崎はビルの屋上から身を投げてしまう。

森友問題では実際に命を落とした役人もおり、現実で起きた問題を色濃く映画に反映させた内容となっています。

ほかにも、いくつか現実に発生している色々な問題を取り入れた、新しいスタイルの映画という印象でした。

真実に迫ろうともがく若き新聞記者。「闇」の存在に気付き、選択を迫られるエリート官僚。
 二人の人生が交差するとき、衝撃の事実が明らかになる!

感想

現実の政治状況を彷彿させる内容ということで、立場によってさまざまな意見があるみたいですが、いろいろと圧力をかけてくる権力に対峙する新聞記者という構成は、単純にストーリーとして面白いものになっています。

主人公の情熱によって、徐々に仲間や味方が増え、事態が少しずつ好転していくという展開も王道ではないでしょうか。

政府の側から唯一、東都新聞記者・吉岡に協力して動いてくれていた杉原。
最後の最後、口元をズームアップした映像で何ごとかをつぶやかせて衝撃を与える、という演出も、賛否あるようですが、変に説明をしすぎるより全然よいとおもいました。


全体としては面白かったのですが、そうでないところもいくつか。

まず、政府側からのリークとされる文書に書かれた羊のイラスト
以前子供に書いてあげたイラストから、リークした人間が判明するという複線のようですが、リアリティが無さすぎではないでしょうか。あの絵には少し引いてしまいました。

杉原の奥さんである本田翼の演技とともに、このあたりで何か二時間ドラマ感が出てしまったのが残念。

内閣情報調査室自体は実際にある組織ですが、映画で描かれるような、照明の薄暗い部屋で役人がネット工作をしているという、妙な悪の組織感も、いささか興ざめでした。

そもそも役人がツイッターでネット工作をしているというのも都市伝説っぽく感じてしまうのですが、どうなんでしょうか……


と、いくつか不満な点もありますが、最初にいったように全体としては面白かったです。

現実の事件を取り入れたという点も評価に値するとおもいますし、政権に対して批判的な目を忘れないというのは大事なことでしょう。

主人公のモデルである東京新聞の望月衣塑子記者や、元文科相の官僚であった前川喜平さんがさりげなく映画に登場しているのも楽しい仕掛けです。


この映画のレビューや、感想を語っている記事、動画などをいくつか見てみました。

内容的に仕方ないでしょうが、映画の評価にも人それぞれの考えが反映されており、ツイッターなどのSNSを見ていても最近よく感じますが、人々の分断を感じてしまうのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました