自家製麺SHIN 自家製麺、無化調のこだわり。あご出汁の香る一杯はまるで和食のよう

自家製面SHIN 反町 反町
自家製面SHIN 反町

反町駅から反町交差点方面へ、反町ラーメンストリートを150メートルほど進むと自家製麺SHINが見えてきます。
印象的な書体でかかれた「SHIN」の文字、赤丸に白抜きの「新」の看板が目じるしです。

反町ラーメンストリートのラーメン店のなかでも一番の小さなお店。
店内の様子が見えにく、ラーメン屋らしからぬ開き戸はやや入りづらい印象ですが、ネットでの評判、口コミはとても高いお店となっています

自家製麺SHINの基本情報

自家製麺SHIN
横浜市神奈川区反町1丁目3−8
営業時間 11:30~14:30、18:00~21:00(日曜は昼のみ)
電話 045-548-3973
定休日 月曜日、火曜日(但し、ランチタイムにカレー専門店として営業)
Twitter https://twitter.com/tammachishin

店内はカウンターのみの8席。
店に入ると、やはりちょっと狭いかな、という印象ですが、席に座ってしまえばそこまで気になりません。

アゴ出汁特製醤油ラーメン

アゴ出汁特製醤油ラーメン 1,000円

アゴ出汁特製醤油ラーメン 1,000円

注文はアゴ出汁特製醤油ラーメン
普通のラーメンにもチャーシューと筍がのっていますが、特製にすると味玉に加え、チャーシュー、筍が1枚ずつ追加でトッピングされます。

まずスープを啜ってみると、強烈な魚系の香り!
一瞬、醤油が少し強めかなと感じますが、出汁の旨みが濃厚で癖になる味です。

自家製である細めのストレート麺は、全粒粉系の強い麦の香りとはまた違う、優しい麦の味わい。
何より独特の強いコシがあって歯ごたえが楽しめます。
この麺のコシは、最後まで伸びることなく感じられました。

チャーシューもジューシーで文句なし。箸で簡単にホロホロ崩せるくらいのとろけ具合です。

筍のトッピングは珍しいと思うのですが、アゴ出汁スープに素晴らしくマッチ。筍そのものも程よい歯ごたえでとても美味しいです。

さらには三つ葉にゆずの皮が添えられ、さわやかさを演出。まるで和食をいただいているかのような一杯でした。

自家製面SHIN ごちそうさまでした

ごちそうさまでした

月曜、火曜はカレーの日

こちらのお店、定休日である月曜と火曜のランチタイムにはカレー屋さんとして営業しているという変則的なスタイル。
お店のツイッターで営業状況などこまめに更新されていますので、チェックしてから伺うことをおすすめいたします。

後日、自家製麺SHINでほうれん草のカレーも食べてきました!

自家製麺SHIN ラーメン屋なのに月曜と火曜はカレー専門店に
自家製麺SHINは、月曜と火曜はカレーの日。ほうれん草のカレーを食べてきました。

ラーメンWalkerTVで紹介

ラーメンWalkerTVの公式YouTubeで自家製麺SHINのレポートが紹介されています。
自家製麺SHINは「ラーメンWalker GP2014」神奈川の新店部門で第2位に輝きました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました